医療過誤を弁護士へ相談

人工呼吸器の医療事故に遭った場合の対処法

人口呼吸器関連の事故

医療事故と言えば人口呼吸器関連の事故を想像される方も多いですがどんなに医療技術が進歩しても残念ながら医療事故は無くならない現状が昨今の医療現場には存在します。

人工呼吸器が必要な症状には交通事故やスポーツなどによる衝撃が大きな要因となり意識を失い自分で呼吸する事が難しくその代わりとして人工呼吸器を着用します。言わば呼吸の代わりを担う装置であるが故に人工呼吸器の設定間違えやアラームスイッチ入れ忘れ、接続部外れなどが即命に関わってくる医療事故となるのです。

多額の損害賠償を求め訴えを起こす

過去の人工呼吸器の医療事故から見ましても看護士における機械や器具の取扱ミスで患者さんが亡くなったケースでは多くが病院側に非があると判断され刑事責任で罰金などの症例が報告されています。

]

度重なる人工呼吸器の医療事故を受け報告書の義務付けや安全対策が取られていますが人の手が関わってきますので多くは看護士やスタッフの人為的なミスとして判断され亡くなったケースでは多額の損害賠償を求め訴えを起こすケースが相次いでいます。もし自分や家族に人工呼吸器の医療事故に遭ったら病院側に過失を認めさせ慰謝料、損害賠償なども含め毅然とした態度で立ち向かう事が大事です。

生命維持管理装置

生命維持管理装置が人工呼吸器であり安易なミスが重大な医療事故に即つながるという認識を徹底される取り組みが成されることを望みます。